えみりおの思考するブログ

喪女パリピであるえみりおがテニプリなりEDMなりをつらつらと述べる

【テニプリ?】白石蔵ノ介は「ぱりぴのすけ」か【クラブ?EDM?】

 2010年代になってからEDM(Electoranic Dance Music)は爆発的な流行を遂げています。欧米はもちろんのこと、日本や韓国、東南アジアでも注目されているジャンルです。EDM関連の音楽フェスもバンバン開催され、サマソニではZEDDやDillon FrancesなどのDJアクターもヘッドライナーを務めるような時代になりました。さて、ここでは、テニスの王子様の登場キャラ白石蔵ノ介が「パリピ」かどうか考察します。
f:id:emiliopucci:20161214200420p:plain
写真の彼が白石蔵ノ介です。

①誰や、俺のことパリピ言うた奴
 白石蔵ノ介のことを最初に「ぱりぴのすけ」と呼んだのはウチの母(当時51)です。2015年9月のシルバーウィークの出来事でした。
私がEDM好きなことを知っている母は「ULTRA Japan*1に行かなくていいのか」と心配するのですが、その日は用事があって行きませんでした。EDMがどうのだのテニプリ文化祭がどうのだの話をしていたのですが、突然母がこう言い出します。
「白石くんは池袋*2で油売ってるよりお台場*3行く方がいいんじゃない」
 EDMオタクの私ですら言っている意味が分かりませんでした。何を言ってるんだろうこのおばさんと思いました。さらに母は続けます。
「だって、このぱりぴのすけはArmin*4見たいんじゃないかな」
ええ、確かにそうかもしれないです。白石くんはトランスが好きだからね…ってULTRAは未成年入れません。あと、思わず「ぱりぴのすけ」ってなんだよ!?ってツッコミました。 
母は色々理由を述べますが、EDM好きでクラブ好きな私も納得するような理由でした。むしろテニプリの知識があってクラブミュージック好きなら理由は色々察するところです。これは、後ほど紹介いたします。

 兎にも角にも、ULTRA Japanというパリピが集いやすい音楽フェスの時期というのもあり、私の中ではパワーワードとなった「ぱりぴのすけ」でした。 

②「パリピ」って何ですの?
 一体「パリピ」とは何なんでしょう。テニクラさんの中でしっかり彼らの実態を知っている人いますでしょうか。パリピに関しては私のブログ記事第一弾で軽く触れていますので、そちらも合わせて読むといいかも?です。
emiliopucci.hatenablog.com

 パリピとは、「パーティーピープル」の略語です。パリピというのは、ナイトクラブや音楽フェスが好きな人たちの事を指します。狭義の意味はこれです。今は大人数で飲み会したり騒いだりすることもパリピとしてみなされていますね。後は、渋谷のハロウィンではしゃぐ人もパリピとも言います。
 パリピの出没スポットは六本木や渋谷のナイトクラブです。大阪だと難波や心斎橋、アメ村でしょうか。パリピには二つに分別できます。
①はしゃぎたいだけのパリピ
 これは、みなさんのご想像通りのパリピです。仲間と地元とナイトクラブとナンパが大好きです。「バイブス~」だの「まぢアガる~」とか言っているのはこの層です。見た目は男だと三代目JSOUL Brother'sとかEXILEみたいな見た目で、女ならE-Girlsみたいな見た目です。渋谷のハロウィンパリピはこちらの分類です。
 クラブに行きますが、テクノ、ハウス、トランス、トラップ、ドラムンベース等爆音で盛り上がれればいいのであまり違いを気にすることはないです。なので、あんまりクラブミュージックのDJやトラックメイカーを気にすることはありません。私の体感的にプログレッシブハウスやバウンス系、こてこてのEDMが好きなのかなとは感じます。

②EDMクラスタ(クラブオタク)
 こちらははしゃぐというより音が好きなタイプで踊りたいという気持ちが強いタイプです。曲やDJ、音楽ジャンルの造詣が深いことが多いです。大体は私の過去記事にあるようなEDM系のアパレルを着てクラブにいます。T2やV2、eleのようなチャラ箱でDJブースの前に陣取って外タレDJの登場を待っているのこういうタイプです。
 ちなみに彼らは「パリピ」呼ばわりされるのは嫌いです。ジョークでパリピと言うことはありますが。まあ、傍から見れば一緒の「パリピ」です。残念ながら。
 白石くんはこのタイプの「パリピ」だと考えられます。


③「ぱりぴのすけ」の由来教えたる 
 話を「ぱりぴのすけ」の由来にもどします。
母が彼をパリピという理由には以下にあります。

・トランス系が好き
・同じクラスに「トランス仲間」がいる*5
・「トランス仲間」がいるならば、彼らと大阪のデイイベントに行っている可能性はある
・そもそも四天宝寺自体が「パリピ」みたいな学校

さらに、母の考察として
毒草に詳しいならガンジャとタバコの匂いの違いくらい分かる(彼はヤクブーツはやらない)
あの見た目なら年齢確認が緩いクラブならスイスイ入れるのでは?
というのもありました。

 なんで50過ぎたおばさんから「デイイベント」だなんていう単語が出てくるのかはさておき、母が特に注目していた白石蔵ノ介の「トランス仲間」という人たちについて考察をしたいと思います。
 この「トランス仲間」というのが、母が「ぱりぴのすけ」って呼ぶ最大の原因です。母も「トランス仲間ってのが無かったらただEDM系好きなんだな、ぐらいにしか思わない」と言っています。
 「トランス仲間」が何人かいるということは、何かしらのイベントに行ったり、語り合ったりしているということです。きっとTwitterの音楽アカでフェスのことや海外DJの来日イベントやDJ系セレブの話で盛り上がっていたりするのでしょう。好きなDJやトランス系イベントの話もしているでしょう。クラブイベントで知り合った新しい音楽仲間もいることでしょう。
 なんで私がここまで想像つくのかというと私も似たような存在だからです。EDMが好きで、フォロワさんとクラブに行ったり、フェスに行ったり…。そこで新しい出会いもあります(イヤらしい意味ではなくて)。同じ趣味の仲間と楽しさを共有することほど楽しいことはありません。また、こういう「仲間」がいるタイプはグループを組んでクラブに行きます。好きなレーベルのアパレルを着て写真撮ったりしている人も多いです。
 要するにこの「トランス仲間」はクラブ友達で音楽友達でもあるのだと思います。白石蔵ノ介は将来有望な中学生です。


④トランスってなんやねん?

 白石くんの好きなトランスとは何なのか軽く紹介します。
 トランスとは、クラブミュージックの一種で、130から150ぐらいのBPMのリズムが特徴です。このリズムの速さに加えて、うねるような旋律があります。このトランスという命名の由来は、このリズムとメロディーが脳内の催眠や幻覚をうながす「トランス状態」に誘うような様式であるからと言われています。トランスはハウスから派生したジャンルであり、1990年代にドイツで誕生いたしました。トランスは、主にクラブやレイヴパーティーで聴くことができます。
 白石クラスタさんでトランスってなにって考察している人もいますが、取り上げるトランスがちょっと違うなあと思いましたので一例を出したいと思います。語るより聞いたほうが早いです。

DJ Tiesto - Adagio For Strings

soundcloud.com

soundcloud.com

soundcloud.com

大体こういうのがトランスだと思ってください。
トランスで有名なDJに
Armin van buuren、Tiesto(最近はサッパリだが)、Aly&Fila、Above & BeyondPaul van dykFerry corstenなどがいます。
レコードレーベルとしては、
Armada Music、FSOE、anjunabratsがずば抜けて有名です。
さらにArmin van buuren主催のラジオショー&ライブのA State Of Tranceはトランスの世界で大きな影響力があります。
トランスがいいなと思いましたらサウンドクラウドなりつべなりで聞いてみてくださいね!

 白石くんが好きなトランス系というのはこういう曲なんですね。母が「Armin見たいんじゃない?」と言ったこともなんとなくわかったと思います。

最後にArmin van buurenのULTRA Miamiのライブ動画で、EDMフェスがどんなものか感じてみてください。

Armin van Buuren live at Ultra Music Festival Miami 2016


⑤パリピやのうてトランスオタクや
 白石蔵ノ介は「パリピ」ではなく、トランスオタクなのだろうと思います。トランス仲間と一緒にASOTのTシャツを着て大阪のトランスイベントに行ったり、フェスに行ったりしている子なのでしょう。SNSで音楽仲間と盛り上がり、年齢制限が厳しいフェスに不満を持ちながら大人のクラブオタクを羨ましいと思っているのだと思われます。クラスではトランス仲間とクラブ行っていることから、「ぱりぴのすけ」だの言われているのだと思います。そのたびに彼は「俺パリピちゃうわー(笑)」って否定していると考えると可愛いと思いませんか?(私だけですかね…)
 曲やトランスの細かいジャンル、アーティストに詳しい子で、ただはしゃぎたいパリピとは違います。それは、彼が同じクラスにトランス仲間がいることが大きいです。彼にとってクラブは仲間と音楽を摂取する場所なのです。だから、クラブでナンパなどはしないです*6し、トランスを愛するトランスオタクなのです。
 私がテニキャラで一番お友達になりたいキャラナンバー1です。ぜひ、大阪のクラブを案内してもらいたいですね(笑)
 成人したら、たくさんクラブで音楽を浴びて、音楽仲間と楽しく過ごして欲しいなと思います。


以上で考察をおしまいにします。必要あらば加筆修正はするかもです。

えみりお

*1:世界的EDMフェスの日本出張版

*2:テニプリ文化祭の会場、池袋サンシャインこと

*3:ULTRA Japanの会場

*4:Armin van buuren。オランダのトランス系DJ

*5:ペアプリ一巻に同じクラスの忍足謙也による証言がある

*6:テニスの王子様で、ビーチの金髪レディをナンパしようとしたがモジモジして終わった

EDMアパレルを着ること

はじめまして、えみりおです。
この度は、自分の趣味に関してより深い考察が出来たらと思い、このブログを開設致しました。
主なコンテンツはEDMとテニスの王子様と野球になります。


第一弾のテーマとして、「EDMアパレル」について取り上げたいと思います。
私はEDMが好きで、それを含めてClub Musicを7~8年程嗜んできました。再熱組なので多少ブランクはありますが、好きには変わりありません。EDM好きにありがちですが、ナイトクラブに行ったり、フェスに行くのが大好きでございます。

さて、クラブ(特に渋谷)やフェスに行くと頻繁にアーティストやレーベルのTシャツを着ている人を見かけます。これは、ライブTシャツとは異なり、アーティストやレーベルの公式サイトから購入するタイプのモノです。その他Electric familyなどのサイトからも購入が可能です。大体は海外から個人輸入していきます(日本にはほとんどショップが存在しないのでそうせざるを得ない)。てなわけで、EDMクラスタ達は英語で住所の書き方を覚え、ユーロやドルの為替も頭に叩き込み、欧米サイズと日本サイズを睨めっこして、2000円から3000円する送料を払って輸入し、クラブやらフェスで意気揚々とアパレルを身に着けていくわけです。その情熱と行動力にあっぱれでございます。
斯く言う私もEDM系アパレルを所持していて、有名なOWSLAのMA-1やYellow clawのBlood For Mercyシリーズのセットアップ、Martin garrixのTシャツなどを持っています。つい最近も、ブラックフライデーのセールに託けてmade by mijaの服を何着か購入してしまいました。

前置きが長くなりましたが、ここでは「EDMアパレルを紹介する」のではなく、「EDMアパレルを着ること」について考察をしたいと思います。そして、考察を重ねることで、個人的にアンケートに必要な質問事項を洗い出していければと思ってます。
※EDMアパレルに関してはEDM bananaさんとHalさんのブログが詳しく紹介して下さってるので、そちらをご参照ください。

http://www.edmbanana.com/entry/artist-hoodie

http://hal3.hatenablog.com/entry/2015/09/06/115357

こちらのサイトも詳しく紹介しています。
http://mensdrip.com/music/ultra-japan-fashion


①EDMアパレルは「自分のスキ」をアピールするもの
私と周囲のEDMクラスタさん達はやはり「アーティストへの自分の好き」を表明し、帰属意識を高めるためにEDMアパレルを着用しています。これが最大の軸です。例えば、2016年10月9日に名古屋のX-HALL(今は無くなってしまいました、寂しいですね)で行われたSWAGのOliver heldens公演にはたくさんOliverのグッズを身にまとった人がいましたし、実際に彼らは最前エリアを張っていました。さらに、同じグッズを身に着けていると「あなたも〇〇好きなんですか?」から段々仲良くなることができます。このように出会いと仲間のツールとして機能しています。
その辺は巨人ファンが東京ドームライトスタンドで巨人のユニフォーム着たり、オタクが推しキャラのグッズを部族のアクセサリーのように付けて痛バッグで秋葉原や池袋を闊歩するのと同じ機能です。


②EDMクラスタとパリピの線引きとして
EDMアパレルを着ているということは「わざわざ個人輸入した」ということになります。よほど情熱がない限り、情報を漁り高いシッピングを払って買ったりしません。そこに、EDMクラスタとパリピの線引きが存在してなりません。
これを理解する前提として話したいことがあります。EDMはClub Musicの1つであり、クラブ文化の1つであるため、どうしてもパーティーピープル(パリピ)と親和性が高く、所謂パリピが多いジャンルです。
皆さん、パリピと言えば、「クラブとフェス大好きー!派手な格好でウェーイ!」か「クラブでナンパと飲みじゃ!わっしょい!」というイメージをお持ちかなと思われます。間違いではありません。
ここで問題になってくるのが、「傍から見ればEDMクラスタもクラブとフェス大好きパリピと一緒」っていうことです。EDMクラスタはこれを非常に嫌います(ジョークとしてパリピと言うことはありますが)。一緒にして欲しくないのです。さらに、「パリピと違って音楽詳しいぞ、アーティスト大好きだぞ」という自負とプライドをEDMクラスタは持っています。一方、パリピは音楽に詳しく無い人も少なくありません。だから、一般的なイメージのパリピが着なさそうなEDMアパレルというマニアグッズを身にまといます。
要するに、「パリピと一緒にすんな、我々は音楽ファンなんだ」という線引きの為にEDMアパレルを着用している一面があるということです。これで、Club Music上級者としてのアピールができます。


③単純にオシャレ
EDMほど音楽ジャンルの中でファッションと親和性が高いものはありません。ポップス、ジャズ、ロック、80年代ディスコなども渡り歩きながら私が感じたことであります。ULTRA Music Festival Miamiのmerchandiseも音楽フェスとは思えないアパレルの豊富さです。オシャレなEDM系アパレルで最も有名なのはOWSLAです。イギリスのストリートブランドLong clothingと提携したシャツやMA-1はお持ちになられてる方、多いのではないでしょうか。


(OWSLAオフィシャルストアサイトより)
https://store.owsla.com/collections/all?page=6&sort_by=manual

こうして実例を挙げるとファッション性の高さが見てわかると思います。普段使いもOKなレベルです。OWSLA特に好きじゃないけど、EDMオタクとして買うかみたいな嗜みになりつつあるなと感じられます。

オシャレさにおいては、Yellow clawも負けてはいません。

(Yellow clawオフィシャルストアサイトより)
https://shop.yellowclaw.com/collections/blood-for-mercy

Yellow clawの主催レーベル、Barong familyも同じくオシャレで普段使いできそうです。
https://shop.barongfamily.com/collections/barong-family

その他ProtocolやSteve Angelloのアパレルはすごくファッション性高いなとは感じます。

そこで、気になる疑問点があります。EDMクラスタ達はEDMアパレルを普段使いするのか。私はします。オシャレですから。何より私は典型的なオタク喪女なのでファッションに疎いっていうことも大きな点ですが。したがって街中歩く時も使います。ですが、その時はクラブは行ったりしません。神宮球場の一塁内野席でもPorter RobinsonのTシャツやOWSLAのカメオTシャツをスワローズクルーユニの下にちゃっかり着てきています。
一方、テニフェスや許斐先生ライブTシャツを普段では着ません。無理です。跡部景吾と日吉若がデカデカと書かれているTシャツで渋谷のセンター街なんて歩けません。
普段使いしているかは親しくして下さってる方に関してはわからないのですが(会う場所が大体クラブですからね)、自分自身の目撃例はあります。場所はえみりおが大好きな神宮球場と渋谷です。神宮球場ではYellow claw、OWSLA、DIM MAKのアパレルを着たメンズがそれぞれ1人ずつ確認できました。渋谷ではBarong familyのジャケットでした。もしかしたらクラブ行く前なのかもしれません。神宮球場も渋谷もクラブ近いですからね。
それはさておき、疑問点はEDMクラスタはEDMアパレルを普段使いしているのかということです。


④「クラブ参戦用」EDMアパレルと普段使いEDMアパレルの違い
もし、EDMクラスタがアパレルを普段使いしたとして、クラブ参戦用と普段使い用を分けているのだろうか。極端な話だがGammerの際どいTシャツなんて早々着られるわけではないでしょう(これに関しては過激過ぎて画像を載せられない)。デザインによってて普段使いとクラブ使いが分かれてると思います。そこも気になる点です。


⑤アパレルとして好きなレーベルグッズと曲として好きなレーベルグッズ
EDMアパレルって前述したようにオシャレなのが多いです。自分が好きなアーティストやレーベルのグッズを買うのが基本です。ですが、オシャレ着としてのEDMアパレルと「好き」を表明するEDMアパレルは別物なのかと思います。例えば、ASOTやArmadaが1番好きだが、BarongやOWSLAのグッズの方がよく使う(または多く持ってる)ってことがあるのではないかということです。または好きなアーティストやレーベルが出してないからサブで好きなレーベルのアパレルを持つ方もいらっしゃるでしょう。

おおまかなアンケート項目として
①EDMアパレルを着ることの自己表現の意識について
②パリピとの線引き意識
③普段使いするか否か、またそれはどんな場面か
④クラブ参戦と普段使いは分けているか
⑤よく着るEDMアパレルと好きなEDMレーベル(アーティスト)の差

この辺の質問事項を詰めていく必要がありそうです。

EDMアパレルって考えると面白いですね。

ps.神宮球場でEDMアパレル着てヤクルト側で観戦した人は私にこっそり連絡下さい